日本リアルオプション学会 English

トップ > 研究発表大会

 

研究発表大会

 

論文査読セッション

一般発表セッション

 

過去の研究発表大会

 

 

JAROS 2018 研究発表大会

National Conference of Japan Association of Real Options and Strategy

下記の要領で 2018年度研究発表大会を開催いたします。

   

日時

2018年 121日、2日(土日開催)

場所

東京経済大学(国分寺キャンパス 2号館) 東京都国分寺市南町1-7-34

JAROS 2018 参加申込・参加費 等

参加申込

   

お支払方法

銀行振込 または PayPal

参加費

単位:円

早割 2018年

10月31日(水)まで

通常 2018年

11月26日(月)まで

大会参加:個人正会員
6,000
8,000
大会参加:学生
1,000
2,000
大会参加:非会員(一般)
9,000
10,000
大会参加:法人会員
無 料
   
大会懇親会費(任意)
7,000
8,000
 
非会員発表者 登壇料
2,000
論文査読セッション 投稿料
10,000

 

 

FAQ

Q 大会費用はいつまでに支払えばよろしいですか?

A 【早割】10月31日(水)まで。登録&入金手配の完了をもって適用とさせていただきます。

A 【通常料金】11月1日(木) 〜 11月26日(月) までにお支払いください。

A 11月27日(火)以降の入金分につきましては、銀行ATMやPayPalの明細票を当日受付スタッフへご提示ねがいます。

 

Q クレジットカード決済は可能ですか

A Paypal を通じて、クレジットカードで決済いただけます。

 PayPal 画面は英語表示のみとなっておりますが、日本円でお支払い可能です。

 

Q 領収書の発行をお願いしたいのですが

A 当日受付にてお渡しいたします。(事前に必要な方は 事務局宛「通信フォーム」 にて承ります)

 また、Paypal 決済の方には、リアルタイムでお支払い内容のメールが自動配信されます。

 

Q 予稿集はどのように配布されますか

A プログラムがまとまり次第、本サイトで 解凍パス付のzip 配布するほか、当日USBメモリーにて配布する予定です。

 

Q 学生区分で申し込みましたが、何か証明は必要ですか

A 学生証を提示いただくことがございます。当日 持参してください。

 

Q 当日欠席した場合の取扱いはどのようになりますか

A 大会費用をお支払いいただいた後、大会に欠席された場合には、振込まれた費用を返金いたしません。

ただし、ご指定の住所へ予稿集(USB)を送付させていただきます。

 

Q 懇親会を欠席した場合の取扱いはどのようになりますか

A 費用をお支払いいただいた後、懇親会に欠席された場合には、返金いたしませんのでご注意ください。

 

Q 法人会員ですが、無料枠を超えた人数で参加したいときの取扱いを教えてください

A 法人会員で1口あたり3名の無料枠をこえた場合、個人で正会員になっていなければ非会員(一般)の参加費が適用されます。

 

 

論文査読セッション

日本リアルオプション学会は、2018年研究発表大会での論文査読セッションへの論文投稿を、広く、非会員の方からも、募集いたします。この査読セッションに採択された論文は、上記の研究発表大会で、研究報告をしていただいたうえで、本学会の論文誌「リアルオプション研究」または、英文論文誌「International Journal of Real Options and Strategy」(2019年発行)に、掲載されます。これら論文誌は、電子ジャーナルとして国内外に公開されます。

研究の領域としては、各種のリスクの分析、投資案件の価値づけ、ゲームおよび戦略にかかわる論文を歓迎いたします。関連テーマには、知的資産はじめ、各種オプション的な資産の価値づけ、非完備な市場での資産価値、エネルギー・ビジネス、M&Aに係わる理論および実証分析、エージェンシー問題、組織や制度のデザインなどが含まれます。

理論研究と応用研究の二つのカテゴリーに分けられます。理論研究は、オリジナリティと学術性を重視します。応用研究は、ケーススタディ、現実問題との関連性や実践的応用性を重視します。

なおJAROS2018研究発表大会の優秀論文に対しまして、表彰の予定です。

 

査読セッション エントリー期限

5月11日(金)

(p1. CFP2018, p.2 申込書)   

記入した申込書に、A4判 2ページ程度の要旨を追加して、【論文 投稿フォーム】よりエントリーしてください。

 

査読セッション エントリー審査結果のご連絡

6月 8日(金)

この審査に合格した場合は、論文(フルペーパー)提出へご案内いたします。審査に合格しなかった場合は、一般研究報告セッションで発表していただきます。

 

査読セッション 論文提出期限

7月 27日(金) まで延長

論文提出後に【論文査読料 1万円】を徴収します。
別途、大会の参加申込も行ってください。(参加申込時に、大会参加費 等とまとめ支払い可)

参照:執筆要項(日本語)   Authors' Guide(in English)

 

 

 

 

和文誌 テンプレート

 

英文誌 テンプレート

 

査読セッション 論文査読プロセス

 

査読委員会は、原則2名の査読者に査読を依頼します。必要な改訂等については、編集委員会が著者と連絡をとります。

 

査読セッション 採否のご連絡

9月7日(金)予定

査読結果が【採択】【条件つき採択】【要再査読】の論文は、査読セッションで発表していただきます。

【不採択】の論文は、一般研究報告セッションで発表していただきます。

 

査読セッション 予稿の差替

期日 10月31日(水)

(希望者のみ)論文の【予稿ファイル】を差替える場合には、大会プログラム委員長宛にご送付ください。

 

査読セッション 研究報告

12月 1日、2日(土日)

JAROS2018研究発表大会:東京経済大学(国分寺キャンパス)

 

査読論文誌への掲載

2019年 刊行予定

和文誌『リアルオプション研究』(外部リンク J-STAGE)

英文誌『International Journal of Real Options and Strategy』(外部リンク J-STAGE)

 

 

一般研究報告セッション

 

一般研究報告セッション エントリー期限

9月 10日(月) まで延長

CFP2018

予稿提出:【要旨(A4判 2ページ程度)】または【フルペーパー】を添付して、【論文 投稿フォーム】よりエントリーしてください。

一般研究報告は、既に他の学会等で発表したものでも、発表可能です。

 

 

 

和文誌 テンプレート

 

英文誌 テンプレート

 

一般研究報告セッション 採否のご連絡

9月7日(金)予定

採択後、本学会非会員の方は、【登壇料2000円】を徴収します(参加申込時)。

 

一般研究報告セッション 予稿の差替

期日 10月31日(水)

(希望者のみ)論文の【予稿ファイル】を差替える場合には、大会プログラム委員長宛にご送付ください。

 

一般研究報告セッション 研究報告

12月 1日、2日(土日)

JAROS2018研究発表大会:東京経済大学(国分寺キャンパス)

画面上へ

 

 

画面上へ

過去の研究発表大会

開催日

場所

基調講演他

協賛等

第12回

 

2017年11月
25日(土),
26日(日)

石川県政記念しいのき迎賓館

セミナー「伝統と革新:北陸経済の潜在能力と成長オプション」

【共催】金沢大学人間社会研究域(経済学経営学系)
【後援】北國新聞社

研究発表奨励賞
JAROS 2017

Wenjun CHEN(陳 雯君)氏(北海道大学 大学院経済学研究院)
"Mergers and acquisitions strategy under imperfect information: A mixed payment model"

第11回

 

2016年11月
19日(土),
20日(日)

中央大学(後楽園キャンパス)

セミナー「リアルオプションが挑む価値創造のフロンティア」

【セミナー協賛】中央大学、早稲田大学ファイナンス研究センター、早稲田大学ファイナンス稲門会、日本感性工学会

研究発表奨励賞
JAROS 2016

伊藤 和哉 氏(東京理科大学 大学院理工学研究科)
「複占競争下における企業の投資意思決定−リスク回避度の影響−」

第10回

2015年10月
24日(土),
25日(日)

国際大学(南魚沼市国際町)

基調講演“Quiddity-capturing and rational choice theory”

ビジネスモデル特別セッション「JBMCで世界を目指そう!」

セミナー「地方創生と価値創造イノベーション」

【協賛】日本感性工学会
【セミナー共催】早稲田大学ファイナンス稲門会、ICLOVE(アイクラブ)(南魚沼市地域産業支援連絡協議会)、
【セミナー協賛】早稲田大学ファイナンス研究センター、日本感性工学会

第9回

2014年11月
22日(土),
23日(日)

東洋大学(白山キャンパス)

シンポジウム「リスクと戦略に関わる新しい展望 」

【シンポジウム協賛】早稲田大学ファイナンス研究センター、早稲田大学ファイナンス稲門会、日本感性工学会

第8回

2013年11月
8日(金)

早稲田大学(日本橋キャンパス)

シンポジウム「再生エネルギーを軸とする地域成長戦略」

【シンポジウム協賛】早稲田大学ファイナンス研究センター、日本感性工学会

第7回

2012年11月
3日(土),
4日(日)

早稲田大学(国際会議場)

シンポジウム「世界のなかの日本の未来を見据えて」

AWRIS2012 (Asian Workshop on Real Investment Strategy and Risk Analysis)

特別セッション「リアルオプション教育に係わる事例と研究」

【協賛】Asian Association of Management Science and Applications (AAMSA)、早稲田大学 ファイナンス研究センター、日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本感性工学会、日本ファイナンス学会

第6回

2011年11月
5日(土),
6日(日)

青山学院大学(相模原キャンパス)

講演「大震災後のエネルギーと環境‐日本の選択と戦略」「ファイナンス、リスク、そして金融システム―金融危機から学ぶこと」

【協賛】日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本経営工学会、日本感性工学会、経営情報学会

【後援】NPO 法人日本FP 協会

第5回

2010年11月
13日(土),
14日(日)

東京大学(本郷キャンパス)

パネルディスカッション 「日本にとっての新たなビジネス・フロンティア−アフリカ−」

講演「スマートグリッド時代にむけての技術開発とビジネスの展望」

【協賛】日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本経営工学会、日本感性工学会、経営情報学会

【後援】NPO 法人日本FP 協会

第4回

2009年2月
12日(土),
13日(日)

信州大学(上田キャンパス)

基調講演「資産価値とリアルオプション 金融危機と成長戦略」

【協賛】日本オペレーションズ・リサーチ学会 、日本感性工学会

【後援】NPO法人日本FP協会

第3回

2008年11月
8日(土),
9 日(日)

明海大学(浦安キャンパス)

JAROS 企画特別セッション「経営者と投資家と市場」

基調講演“Tranching and Ratings”

日本不動産金融工学学会と共同開催
【協賛】日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本経営工学会、日本感性工学会、ファイナンス稲門会

【後援】NPO 法人日本FP 協会

第2回

2007年11月
10 日(土),
11日(日)

南山大学(名古屋キャンパス)

基調講演「エネルギー需給問題と分散型電源の位置づけ」

【協賛】日本経営工学会、経営情報学会、日本オペレーションズ・リサーチ学会

第1回

2006年11月
11日(土),
12日(日)

早稲田大学(大久保キャンパス)

特別講演「わが国産業の競争力再生へ向けて」
特別講演「リアルオプションと株式リターン」

 

 

画面上へ